生前の準備をお考えの方

生前だから可能な相続対策

早めの対策が大切です、お気軽にお問い合わせください!

事業承継対策

事業承継とは?

事業承継とは、会社事業後継者に引き継ぐことを言います。
そのためには、会社の株式や個人所有資産で会社が使用しているものを後継者に引き継ぐことが必要になります。
事業承継の方法には、親族内承継、社員への承継、社外の人への承継、M&Aなどの選択肢があります。

どんな時に必要なの?

事業を継続させるのか?やめるのか?
後継者は誰にするのか?
承継方法はどうするのか?
事前の検討や対策が必要になります。

どうすればいいの?

事業をスムーズに継承するには、先代の所有資産の評価や、自社株対策の検討、組織再編やM&A、さらには事業承継者以外の相続人への配慮など、広範囲に渡る専門知識や手法を用いる必要があり、多くの場合、複数の専門家の力が必要になります。 また、時間をかけて対策の検討やを実行する必要があることも少なくなく、早めにご相談されることをお勧めします。

相続・事業承継応縁団会員

相続・事業承継で大切な事は、まず現状を知る事。
それに伴う事前対策を行う事。
これは、相続の専門家である税理士がサポートする会員制の相談室です。

相続税がいくらかかるのか?

相続税の節税はどうすればいいのか?
相続が発生したらまず何をすればいいのか?
不動産などの財産の名義の変更はいつすればいいの?
相続税の申告手続きはどうしたらいいの?
現在加入している保険で大丈夫かな?
そろそろ事業承継を考えているがアドバイスがほしい。
定期的に良い情報を得たい!がどうしたらいいのか?

会員サポート内容
まずは一度考えてみませんか?

相続税の節税はどうすればいいのか?
相続が発生したらまず何をすればいいのか?
不動産などの財産の名義の変更はいつすればいいの?
相続税の申告手続きはどうしたらいいの?
現在加入している保険で大丈夫かな?
そろそろ事業承継を考えているがアドバイスがほしい。
定期的に良い情報を得たい!がどうしたらいいのか?

相続税試算シミュレーションサービス

上記全て込みで通常の・・・
半額10万円→5万円(税抜)でご提供!!

※本サービスは簡易的なものです。更に詳細なサービス及び対策実行は別途費用を頂きます。

遺言書作成

遺言を作成する意味

遺言書を作成することによって、「どの財産を誰に残したい」という思いを形にすることができます。
相続人でもめる予防にもなります。

遺言の種類

遺言には、

  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 秘密証書遺言

の3種類があります。

遺言書の作成は専門家に任せることをお勧めします。
まずはご相談下さい。

生前贈与

亡くなる前に財産を渡すことで、相続税の課税対象となる相続財産を減らすことができます。
生前贈与とは別の誰かへ財産を無償で渡すことです。主に相続税の節税対策として効果を発揮します。生前贈与をおこなうと相続税の課税対象となる財産を減らすことができますが、生前贈与の際に贈与税が課税されます。生前贈与をおこなう際は相続税と贈与税を試算し、どうしたら税金が安くなるのか確認する必要があります。
なお、生前贈与をおこなう人を「贈与者」、受け取る人を「受贈者」と呼びます。受贈者は生前贈与を受ける際に暦年課税か相続時精算課税のどちらかを選択することができます。

任意後見契約

認知症になって、自分の財産の管理ができなくなり、生活に必要な預金の引き出しができなくなります。また、病院で治療等を受けようとしても、医師や病院と医療・入院契約ができず、治療等を受けられなくなるおそれもあります。
自分が元気なうちに、信頼できる人を見つけて、その人との間で、「自分が老いて判断能力が衰えてきた場合には、自分に代わって財産管理や必要な契約をしてください」とお願いして引き受けてもらうのが任意後見契約です。
自分の判断能力が低下した場合に備えて、あらかじめ、自分がそういう状態になったときに、自分に代わって、財産管理や必要な契約等をしてもらうことを、自分の信頼できる人に頼んでおけば、その人(「任意後見人」といいます。)にしてもらうことができます。
もし任意後見契約なしに認知症になった場合には、申立てにより裁判所に後見人を選任してもらうことができます。ここで選ばれる後見人(「法定後見人」といいます。)には必ずしも家族や親族がなるわけではなく、約7割が司法書士や弁護士、介護福祉士といった専門家がなります。そしてこれらの専門家には継続してお金を払い続けなくてはなりません。そうなる前に任意後見契約を結ぶことで、安心して老後を迎えることができます。

家族信託

家族信託は、財産管理の一手法で、資産を持っている人が、特定の目的(例えば「自分の老後の生活・介護等に必要な資金の管理及び給付」等)のために、不動産・預貯金等の資産を信頼できる家族等に託し、その管理・処分を任せる仕組みです。
認知症になると、自分の財産の管理ができなくなり、生活に必要な預金の引き出しができなくなったり、自宅を売って施設に入ろうとしても、自宅を売ったりすることもできません。また、賃貸アパートを持っていれば、入居の契約だけでなく、修理や建替えなどもできなくなります。
自分が元気なうちに、信頼できる人を見つけて、その人との間で、「自分に代わって財産管理や必要な契約をしてください」とお願いして引き受けてもらうのが家族信託契約です。

よく分からない方も無料相談にて丁寧にご説明いたします。お気軽にお電話くださいませ。